« 春 | トップページ | KLX250その2 »

2009年4月 9日 (木)

KLX250

カワサキのオフ車のIN・EXバルブの交換をして組んだだけなのに アイドリング以外の回転がいまいち安定しない。

 まず初めに疑ったのがキャブ。 数ヶ月かけてなかったのでつまりかと思いばらしてエアを通す。パイロットスクリュウは1 5/8戻し。 組む。 変化なし。

次にバルタイ。異常なし。 

次にスロットルセンサー、 マニュアルに沿った検査。 以上なし。

圧縮がぎりぎりなので、バルブのすり合わせを確認 OK。 コンプレッションリングを疑ったが、シリンダー・ライナーは異常ないと言っていたのを思い出し 腰下は見なかったのだが、よく考えれば、開けたのかもしれない。ということは組む際に リングの合口が心配になってきた。面倒でも確認すればよかったと思った。

電磁コイルとイグナイターも怪しくなってきた。キャブの油面はどう影響するのか?

症状をおさらいすると アイドリングはOK。スロットルを徐々に開け 4000rpmまで回すとハンチングが発生する。 

さらに高回転にするとパンパンと音がする。 

点火プラグが黒くすすが付着している。

いろいろと手を尽くしているのですが、機嫌が良くなってくれません。

どなたか原因がわかった方はコメントいただければ嬉しい限りです。

一緒に悩んでくださる方でも結構です。

興味のある方はご一報を、 お待ちしています。

では 今日はこの辺で

  

« 春 | トップページ | KLX250その2 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1107447/29040699

この記事へのトラックバック一覧です: KLX250:

« 春 | トップページ | KLX250その2 »