« ライスク | トップページ | これって、どう 思います? »

2009年5月21日 (木)

KLX250 完結偏

 ③に続く

 アイドリングはOK、でも アクセルをひねるとカブル。  これといってキャブに思い当たる節はなし。

前回はこんな症状にもう手の尽くしようがないというところだった。(自分なりにやるだけのことはやったということ)

 しかし、頼りになる助っ人が現れた。

前回のタイヤ交換で お世話になった 坂本ッチャン。 

前回、キャブを分解したときには気づかなかったのだが、ジェット(ニードル)がなかった。(メインジェットの上に付くやつ ほんとに小さな部品)

同じケイヒンのキャブからジェット(物番が違うので別物ですが)を借用し、装着したところ、何の問題もなく回るじゃないですか。

じわっとスロットルを開けてもストレスなく回ってくれる。 エンストも起こさない(二人でニンマリ)

今回もお世話になりました。

確かに、シリンダーとピストンをはずしたら、シリンダーは基準値を超えて偏磨耗。交換後、圧縮は基準値内まであがった。

その原因がピストンのスカート部の欠損。なぜ、どのような状態で破損したのか もちろん私のところに来る以前のことなので、担当者に聞いたところ、知らないという。

なんと いい加減な。

知らないはずはないのである 何らかの衝撃がなかったら、破損するはずがないのだから。

今度は、ブロックの中の破片の捜索。

これは、開ければ確認出来ることなので、たぶん 大丈夫。坂本ッチャンも手伝ってくれると云うし。


なので KLX250に関しては今回で一応、完結とします。


坂本ッチャン X4の前輪の交換もお願いね。

« ライスク | トップページ | これって、どう 思います? »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1107447/29725437

この記事へのトラックバック一覧です: KLX250 完結偏:

« ライスク | トップページ | これって、どう 思います? »