読書

2009年8月30日 (日)

海猫

川汲(カックミ)峠を知ってますか。

北海道の人でも知らない人が多いと思います。

函館から南茅部へ抜ける峠です。

薫はこの峠をバスに揺られて昆布の村に嫁に行き、二人の男に恋をして、それぞれに子をもうけ 突然の死を遂げる

まだ幼い姉妹は函館で祖母に育てられ、やがて子が産まれ、祖母は他界する。

この間、函館と南茅部を行き来するとき必ず通るのがカックミ峠。

以前から 地図を見ながら小説を読むのが習わしになっている。

そうして、小説の中に埋没してゆく。

フィクションであるのに 現地を確認したくて。

函館・南茅部・札幌 小説の中の主要な土地。特にハリストス正教会 カックミ峠を通り抜け南茅部黒鷲岬を探訪してみたい気分。

しかし、熱しやすく冷めやすい自分。

ブログに書いた時点ですでに冷めてるのかも。